スキップしてメイン コンテンツに移動

【拡散希望】パレードでの一部参加者追い出しおよび公開質問状への東京レインボープライドの対応についての声明

パレードでの一部参加者追い出しおよび公開質問状への東京レインボープライドの対応についての声明

2017年8月30
プラカとか作るフェミとLGBTの会
weretheagitpropsatpride@gmail.com


 東京レインボープライドは、2017年5月7日のパレードに途中参加して一緒に歩いていた「プラカとか作るフェミとLGBTの会」有志8人を、「(パレードと)一緒じゃない」として、警察に依頼して強制的にパレードから追い出した。[記録動画:https://youtu.be/Me9VjU5QWZ0
 わたしたち「プラカとか作るフェミとLGBTの会」は、これについて経緯の説明および見解を求める公開質問状を、NPO法人東京レインボープライドおよび東京レインボープライド2017運営委員会宛てに5月17日に送った。[公開質問状:http://weretheagitpropsatpride.blogspot.com/2017/05/open-letter-to-trp.html

【1】しかし、東京レインボープライド(TRP)は、質問に回答することを拒否した。
 その運営に関する疑問・意見について誠実に対応することは、オープンな議論の下により民主的なプライド/パレードを開催するためには欠かせない。
 4つの質問のうち、とくに、ボランティアスタッフと「上の人」と警察の関係について、強権排除の経緯を明らかにすることは、TRPに後ろめたさがあったとしても説明責任があり、プライド/パレードが本来の目的・趣旨——性的マイノリティを排除・差別する制度的権力・支配的偏見に抵抗して、周縁化された人々とともに広く人権と自由の保障・擁護を表明する——にかなうものであり続けるために必須のことであった。

【2】さらに残念なことに、TRPはディフェンシブな嘘によって検証を回避しようとした。
 TRPは当会からの質問に対し、5月30日に事実を歪曲・捏造したメールを送信してきた。その後、当会は6月7日と7月18日の2度にわたり、その誤り・虚偽について明確に指摘し、訂正と回答を要請したが、TRPから何ら連絡はなく、その訂正すら怠って自らの虚偽・不正を放置した。
 これは、公的な性格をもつプライドの主催団体として、あるまじきことである。また、TRPがパレードにおける事実確認や検証を適切に行えない組織となっていること、ボランティアスタッフと救護スタッフと理事等との内部的な意思疎通に問題がある透明性に欠ける状態にあることを窺わせる行為である。

【3】パレード「救護」車両は、脅迫行為を今後一切、やめよ。
 救護車両(運転スタッフ)が、パレードを歩く者に対して身体的危害を及ぼす可能性がある50cmの至近距離に自ら幅寄せしてきて走行するという危険行為を行い、10分前後の間そのような状態に置いて物理的・心理的脅迫を行い続けたことは事実ながら断じてあってはならない行為である。
 救護部門とTRP(各スタッフ・理事・代表理事)は今回の行為の危険性・暴力性を認識して真摯に検証し、誤魔化すことなく運用指針を刷新して、反省・謝罪と今後の指針を表明すべきである。

【4】パレードのスタッフは一部参加者の存在・言動に何らかの理由で疑問・反感を抱いたとしても、その場で十分に話し合うべきだったのであり、それもなく率先して強権排除を行ったのは暴力的な運営ミスであった。
 当会有志は横断幕と個々にプラカードやレインボーフラッグなどを持って途中参加しただけで、パレードを攻撃しようとも参加者に危害を加えようとももちろんしていない。また、警察から警備上の排除警告を受けたわけでもない。現場にいたボランティアスタッフまたは「上の」スタッフから「(こういう理由でパレードの趣旨に反するので)出て行ってくれませんか」と言われることすらなかった。TRPは自らの方針に照らして逸脱が感じられる参加者がいたとしても、恣意的に排除するべく率先して警察に依頼し、「一緒じゃないです」と断言して警察権力の手に委ねるというようなことを決してしてはならなかった。
 TRPスタッフ・理事らは他者に対するに、ともすれば支配的制度と同化しかねない主催者としての権力性にも自覚的であるべきであり、パレードの趣旨、他者の自由を尊重することを再確認して率直に反省する必要がある。
[海外での事情の異なる例の一つだが、6月24日のシカゴ・ダイクマーチでは、主催者の反レイシスト/パレスチナ連帯という価値観に反して、シオニストを表すイスラエル国旗を模したレインボーフラッグを掲げて参加しようとした人たちに対し、主催者はなぜシオニズムを受け入れられないかを説明したが理解されなかったので、2時間の会話の後に去るよう要請したというエピソードも参考になるだろう。https://chicagodykemarchcollective.org/2017/06/27/chicago-dyke-march-official-statement-on-2017-march-and-solidarity-with-palestine/

以上、プライド/パレード開催の意義・成果は、多面的・交差的に評価されるべきものであるが、この声明が主催者および参加者によってオープン・マインドに受け止められ、それぞれの今後に向けての議論に寄与することを願っている。

このブログの人気の投稿

【緊急】要望書:八芳園は違法なイスラエル入植地ビジネスに協力しないでください

株式会社 八芳園 代表取締役社長 長谷 晴義 様          宴会場・会議室ご担当 様

【緊急】要望書:八芳園は違法なイスラエル入植地ビジネスに協力しないでください

時下ますますご清栄のことと拝察いたします。 さて、私たちはパレスチナ/イスラエルにおける公正な平和を求める市民の立場から、イスラエル大使館のウェブサイトで広報されている「イスラエルワイン プロ向けセミナー&試飲会」(12月4日開催)で、昨年に引き続き今年も貴社・八芳園が会場となっていることに深く困惑せざるを得ません。というのも、昨年、大阪会場として予定されていたジェトロ大阪が市民からの要望を受けて、開催2日前であっても急遽会場提供の中止を決定した経緯を、貴社は当然ご存じであろうと思うからです。(よって今年は大阪会場は予定されていません。) [参考]ジェトロ大阪、イスラエル大使館主催ワインセミナーへの会場提供を中止! http://palestine-forum.org/doc/2016/1130.html
昨年同様、イベントウェブサイトに掲載されている出展予定のワイン会社の多くは、パレスチナ西岸地区およびゴラン高原で違法に建設されているイスラエル入植地に深く関わっていることが広く知られている企業です。 イスラエルの平和団体 Who Profits from the Occupation が発行したレポート Forbidden Fruit: The Israeli Wine Industry and the Occupation(2011) は、今回のイベントに出展する以下の企業が違法な入植地で企業活動を行っていることを指摘しています。
Carmel Winery グシュ・エツィオン入植地などにブドウ園を所有Golan Heights Winery Ltd. ゴラン高原の入植地に多くのブドウ園を所有Psagot Winery プサゴット入植地とピスガットゼエヴ入植地にブドウ園を所有Teperberg Winery メヴォ・ホロン入植地にブドウ園を所有Tura Winery レシェリム入植地にブドウ園を所有Yatir Winery スシヤ入植地のブドウ園のブドウを使用
ご存じの通り、イスラエル入植地はパレスチナ占領地の資源を収奪し、人々の移動の自由を侵害し、和平の実現を妨げるものです。日本政府はイスラエルの入植活動を国…

RE:パレードでの一部参加者追い出しについての公開質問状(2017年6月7日付)

NPO法人東京レインボープライド ならびに 東京レインボープライド2017運営委員会 御中

返信いただきありがとうございます。 しかしながら、5月31日付でいただいた返信メールの内容には大きく2点、事実として間違いがあります。また、お尋ねした4つの質問にもお答えいただいていません。まずは起こった事柄を再度ご確認ください。その上で当会の質問にお答えください。
誤り1 ………… 返信メールにある「プラカとか作るフェミとLGBTの会」(以下「プラカの会」)と救護班車両の位置についての記述には誤りがあります。「プラカの会」が横断幕を持って車道を歩くパレードに加わった際には、隊列のグリーンバード付近の位置にその前方から並行するかたちで入っています。返信メールの記述の通り「プラカの会」が、「パレードの隊列に続く救護班車両の左側を並行行進しはじめ」たのであれば、「プラカの会」は合流し始めたところから救護班車両のすぐ近くにいたことになりますが、そのような状況にはありませんでした。
パレード合流後、しばらくして「プラカの会」の先頭の横にグリーンバードの先頭が並ぶようになると「プラカの会」と並行してばらけて歩いていたグリーンバードの人たちが前方に来るようにと呼ばれました。その人たちが小走りで前につめていき、全員が「プラカの会」を追い越したので、グリーンバードの最後列の後ろに「プラカの会」の先頭が並ぶ位置になりましたが、それと同時に、それまでパレードを歩く隊列より後ろを走行していた救護班車両が競り上がってきて「プラカの会」の横を走行し始めました。合流直後には「プラカの会」より後ろに救護班車両が位置していましたが、その後はパレードの行進が何度か停止したり再び進み始めたりしたようなときも、救護車両は「プラカの会」の後ろで留まるようにはせず、ずっと10分前後の間、ごく近い距離に付けて走行し続けました。
誤り2 ………… 返信メールには、「ボランティアスタッフ等が横断幕を持った数人の方々を歩道に誘導し」たと書かれていますが、あそこで起こったことは動画でも確認できるように「誘導」ではありません。またこの場面で「ボランティアスタッフ等」とまとめられており言及がありませんが、警察の介入があったことを確認してください。再度「プラカの会」から見た状況を述べます。

《突然、警官がグリーンバードと「プラカの会」の間にTRP救護班…