スキップしてメイン コンテンツに移動

東京レインボープライドからの返信(2017年5月31日付)


東京レインボープライドからのパレードでの一部参加者追い出しについての公開質問状 PDF2017517付)に対する返信を公開します。






—————————————————-—————————————————————

From: 東京レインボープライド
日付: 2017531 22:22
件名: Re: パレードでの一部参加者追い出しについての公開質問状


プラカとか作るフェミとLGBTの会 御中


 『東京レインボープライド2017』のパレードについて、

ご質問を頂きました。

 東京レインボープライドは、「“性”と“生”の多様性」を祝福する場として、ゴールデンウィークの期間に「レインボーウィーク」キャンペーンを実施し、メインイベントの一つとして、パレードを開催しています。パレードでは、参加者や沿道の歩行者、一般通行車両等の安全を確保するために、フロート隊列ごとにボランティアスタッフを置いています。

 ご質問の内容について当日対応にあたったボランティアスタッフらに確認をしましたところ、歩道橋から横断幕を持って降りてきた数人が、パレードの隊列に続く救護班車両の左側を並行行進しはじめましたため、救護班車両が一般車両の走行する右側隣接車線にはみ出そうになったり、その数人の方々と非常に近い距離で走行する事態となりました。そのため、ボランティアスタッフ等が横断幕を持った数人の方々を歩道に誘導し、救護班車両を元の走行位置に戻しました。


 当団体のパレードでは、不慮の事故が起きないよう各隊列に定数を設け、事前の参加登録を行っています。プライドパレードの開催を未来に繋げるために、パレードの参加受付にご理解、ご協力頂きますようお願いいたします。



2017531

特定非営利活動法人 東京レインボープライド

—————————————————-————————————————————— 

※2017/8/30 ブログ記事タイトルを「東京レインボープライドからの回答(2017年5月31日付)」から「東京レインボープライドからの返信(2017年5月31日付)」に変更しました。また記事導入部分の「回答」を「返信」に変更しました。

このブログの人気の投稿

【緊急】要望書:八芳園は違法なイスラエル入植地ビジネスに協力しないでください

株式会社 八芳園 代表取締役社長 長谷 晴義 様          宴会場・会議室ご担当 様

【緊急】要望書:八芳園は違法なイスラエル入植地ビジネスに協力しないでください

時下ますますご清栄のことと拝察いたします。 さて、私たちはパレスチナ/イスラエルにおける公正な平和を求める市民の立場から、イスラエル大使館のウェブサイトで広報されている「イスラエルワイン プロ向けセミナー&試飲会」(12月4日開催)で、昨年に引き続き今年も貴社・八芳園が会場となっていることに深く困惑せざるを得ません。というのも、昨年、大阪会場として予定されていたジェトロ大阪が市民からの要望を受けて、開催2日前であっても急遽会場提供の中止を決定した経緯を、貴社は当然ご存じであろうと思うからです。(よって今年は大阪会場は予定されていません。) [参考]ジェトロ大阪、イスラエル大使館主催ワインセミナーへの会場提供を中止! http://palestine-forum.org/doc/2016/1130.html
昨年同様、イベントウェブサイトに掲載されている出展予定のワイン会社の多くは、パレスチナ西岸地区およびゴラン高原で違法に建設されているイスラエル入植地に深く関わっていることが広く知られている企業です。 イスラエルの平和団体 Who Profits from the Occupation が発行したレポート Forbidden Fruit: The Israeli Wine Industry and the Occupation(2011) は、今回のイベントに出展する以下の企業が違法な入植地で企業活動を行っていることを指摘しています。
Carmel Winery グシュ・エツィオン入植地などにブドウ園を所有Golan Heights Winery Ltd. ゴラン高原の入植地に多くのブドウ園を所有Psagot Winery プサゴット入植地とピスガットゼエヴ入植地にブドウ園を所有Teperberg Winery メヴォ・ホロン入植地にブドウ園を所有Tura Winery レシェリム入植地にブドウ園を所有Yatir Winery スシヤ入植地のブドウ園のブドウを使用
ご存じの通り、イスラエル入植地はパレスチナ占領地の資源を収奪し、人々の移動の自由を侵害し、和平の実現を妨げるものです。日本政府はイスラエルの入植活動を国…