スキップしてメイン コンテンツに移動

東京レインボープライドからの返信(2017年5月31日付)


東京レインボープライドからのパレードでの一部参加者追い出しについての公開質問状 PDF2017517付)に対する返信を公開します。






—————————————————-—————————————————————

From: 東京レインボープライド
日付: 2017531 22:22
件名: Re: パレードでの一部参加者追い出しについての公開質問状


プラカとか作るフェミとLGBTの会 御中


 『東京レインボープライド2017』のパレードについて、

ご質問を頂きました。

 東京レインボープライドは、「“性”と“生”の多様性」を祝福する場として、ゴールデンウィークの期間に「レインボーウィーク」キャンペーンを実施し、メインイベントの一つとして、パレードを開催しています。パレードでは、参加者や沿道の歩行者、一般通行車両等の安全を確保するために、フロート隊列ごとにボランティアスタッフを置いています。

 ご質問の内容について当日対応にあたったボランティアスタッフらに確認をしましたところ、歩道橋から横断幕を持って降りてきた数人が、パレードの隊列に続く救護班車両の左側を並行行進しはじめましたため、救護班車両が一般車両の走行する右側隣接車線にはみ出そうになったり、その数人の方々と非常に近い距離で走行する事態となりました。そのため、ボランティアスタッフ等が横断幕を持った数人の方々を歩道に誘導し、救護班車両を元の走行位置に戻しました。


 当団体のパレードでは、不慮の事故が起きないよう各隊列に定数を設け、事前の参加登録を行っています。プライドパレードの開催を未来に繋げるために、パレードの参加受付にご理解、ご協力頂きますようお願いいたします。



2017531

特定非営利活動法人 東京レインボープライド

—————————————————-————————————————————— 

※2017/8/30 ブログ記事タイトルを「東京レインボープライドからの回答(2017年5月31日付)」から「東京レインボープライドからの返信(2017年5月31日付)」に変更しました。また記事導入部分の「回答」を「返信」に変更しました。

このブログの人気の投稿

RE:パレードでの一部参加者追い出しについての公開質問状(2017年6月7日付)

NPO法人東京レインボープライド ならびに 東京レインボープライド2017運営委員会 御中

返信いただきありがとうございます。 しかしながら、5月31日付でいただいた返信メールの内容には大きく2点、事実として間違いがあります。また、お尋ねした4つの質問にもお答えいただいていません。まずは起こった事柄を再度ご確認ください。その上で当会の質問にお答えください。
誤り1 ………… 返信メールにある「プラカとか作るフェミとLGBTの会」(以下「プラカの会」)と救護班車両の位置についての記述には誤りがあります。「プラカの会」が横断幕を持って車道を歩くパレードに加わった際には、隊列のグリーンバード付近の位置にその前方から並行するかたちで入っています。返信メールの記述の通り「プラカの会」が、「パレードの隊列に続く救護班車両の左側を並行行進しはじめ」たのであれば、「プラカの会」は合流し始めたところから救護班車両のすぐ近くにいたことになりますが、そのような状況にはありませんでした。
パレード合流後、しばらくして「プラカの会」の先頭の横にグリーンバードの先頭が並ぶようになると「プラカの会」と並行してばらけて歩いていたグリーンバードの人たちが前方に来るようにと呼ばれました。その人たちが小走りで前につめていき、全員が「プラカの会」を追い越したので、グリーンバードの最後列の後ろに「プラカの会」の先頭が並ぶ位置になりましたが、それと同時に、それまでパレードを歩く隊列より後ろを走行していた救護班車両が競り上がってきて「プラカの会」の横を走行し始めました。合流直後には「プラカの会」より後ろに救護班車両が位置していましたが、その後はパレードの行進が何度か停止したり再び進み始めたりしたようなときも、救護車両は「プラカの会」の後ろで留まるようにはせず、ずっと10分前後の間、ごく近い距離に付けて走行し続けました。
誤り2 …………